葉酸がもたらす効果は?

「葉酸」は、子宮内膜の環境を良くしてくれます。そのため、受精卵が着床しやすくなり、妊娠へとつながりやすくなるでしょう。また、摂取していると出産した際に胎児が障害を持つ確率も低くなると言われており、特に「ダウン症」や「神経管閉鎖障害」になる確率を下げてくれます。その他にも、つわりの症状を軽くしてくれたり、胎児に送る血液の流れを良くしてくれたりと、さまざまな効果が期待できるため、流産のリスクも下げることができます。妊活・妊娠中において大事になる成分だと言えるでしょう。

葉酸の1日の推奨摂取量と上限摂取量

厚生労働省の資料では、葉酸の1日の推奨摂取量を「400μg」、上限摂取量を「1000μg」と定めています。その理由として、上限を超えてしまうことで「食欲低下」、「睡眠不足」、「身体のむくみ」などが起こりやすくなることを挙げています。また、その他にも湿疹やかゆみなどが生じたというケースも報告されているのです。そうした副作用的な症状が起こりだすと身体がストレスを感じてしまい、以前よりも子供ができにくい状態になる恐れもあります。体質なども関係してきますが、適正な摂取量を守り、くれぐれも摂り過ぎには注意した方が良いでしょう。

葉酸を含んでいる食材紹介

葉酸を含む代表的な食材として、「モロヘイヤ」、「大豆」、「アボカド」、「鶏のレバー」、「しいたけ」などが挙げられます。特に、野菜においては葉酸が含まれている食材が多いです。また、調理をするうえで大切なのは、「素材から出たエキス」を捨てないと言うことです。葉酸は水溶性のため、水に溶けやすいです。そのため、流れ出た成分が揮発してしまう可能性がある炒め物などには向いていません。オススメの調理方法としては「汁物」や「鍋物」、「スムージードリンク」として摂取するのが良いでしょう。

ママニック

おすすめの葉酸サプリメント紹介

おすすめは「ママニック」です。この商品は、厚生労働省も推奨している商品です。何が良いかと言うと葉酸の体内への吸収率が高いことです。葉酸のサプリには、ほとんどの場合、食品に含まれる葉酸と同じ形の「ポリグルタミン型」が多く、体内に吸収されるのは50%程度の商品もあります。しかし、「ママニック」に使われている葉酸は、より吸収されやすい「モノグルタミン酸型」と呼ばれるタイプです。「モノグルタミン酸型」は、「ポリグルタミン酸」が消化されたあと体に吸収される時の姿で、体内への吸収率に優れています。吸収率が良いということは、葉酸の効果を十分に得ることが期待されるため、おすすめしました。