鉄分がもたらす効果は?

「鉄分」は、子宮内にある粘膜を作るためにとても大事な成分です。そのため、鉄分が不足すると卵子が着床しづらくなるなど、妊娠しにくい体になることもあります。また、鉄分は赤血球を作る成分でもあります。体の健康維持をすることで知られる赤血球は、胎児に栄養を運ぶという役割もあります。胎児をしっかり健康に成長させるために必要不可欠な成分なのです。その他にも鉄分不足になると「貧血」をはじめ「肩こり」や「頭痛」、「冷え性」など、さまざまな症状を引き起こします。胎児にとって居心地が良く、健やかに成長できる環境を作るためにも鉄分は重要なのです。

鉄分の1日推奨摂取量と上限摂取量

鉄分の1日あたりの必要摂取量は、妊娠の時期によって異なります。厚生労働省の資料によると、月経が起きている間は1日「10.5mg」、妊娠初期「8.5mg」、中期を過ぎると「21mg」となっています。また、上限摂取量については、「40mg」です。鉄分を摂りすぎると、「下痢」や「吐き気」が起こりやすくなります。また、鉄分が体内に溜まりすぎることで、活性酸素の発生が起こると言われています。だるさや疲れのほか、肌が黒っぽくなることも。妊娠後も美しさを保つために、適正量の摂取を心がけるようにしましょ。

鉄分を含む食材紹介

鉄分は、「豚レバー」、「ひじき」、「わかさぎ」、「高野豆腐」、「牡蠣」に含まれています。吸収率を上げるためには、動物性たんぱく質やビタミンCが含まれている食材と一緒に調理すると鉄分の吸収率もUPします。ただ、ビタミンCは「水に溶けやすい」、「熱に弱い」という2つの弱点があるため、長時間火を通す煮込み料理や、煮汁を捨てるような料理は厳禁です。そのため、強火で短時間で調理することを心掛けましょう。そうするために、鉄分を含む食材は仕上げのときに入れるなど工夫することが大事です。また、調理をするのが面倒であれば「生のまま」摂るのもひとつの方法です。低カロリーのドレッシングなどを使っておいしいサラダにすれば、より多くの鉄分をとることができるでしょう。

健康食品ヘム鉄

おすすめの鉄分を配合しているサプリメント紹介

おすすめするのはDHCの「健康食品ヘム鉄」です。実は、鉄分には動物性食品に多い「ヘム鉄」と野菜類に多く含まれる「非ヘム鉄」があります。この商品には両方とも配合されているため、バランスよく鉄分を摂ることが可能です。さらに、ビタミンB12や葉酸も一緒に含まれているため、赤血球を効率良く作ってくれます。そのため、妊活を行っている人にもピッタリの商品なのです。価格も30日で500円前後で購入可能なため、家計が厳しいと感じている人も手軽に購入でき継続的に使える商品です。