マグネシウムがもたらす効果は?

マグネシウムは、体内にある元々ある成分で片頭痛や筋力低下、不安になる感じを防いでくれる働きがあります。特に、お酒をたくさん飲む人やイライラしやすい人はマグネシウムを摂っておいた方が良いかもしれません。また、妊活中で必要だと言える理由は、カルシウムの働きを促進する効果があるからです。極端な話、マグネシウムが不足していると仮にカルシウムを摂ったとしても効果的に働いてくれないため、一緒に摂る必要があるでしょう。

マグネシウムの1日推奨摂取量と上限摂取量

厚生労働省の資料では、マグネシウムの推奨摂取量としては1日当たり「270~350mg」で、上限摂取量は「350mg」と言われています。推奨摂取量は、年齢や妊娠しているかで変わります。また、マグネシウムを摂りすぎることで、腎臓の病気を持っている人は悪化してしまう恐れもあるため、年齢ごとの適正摂取量は必ず把握しておきましょう。一度症状が出ると、そこから嘔吐や下痢、さらに呼吸をするのが苦しくなる場合もあるのです。マグネシウムは、とにかくカルシウムとのバランスが大事になるため、少しでもおかしいと思ったら摂るのを控えた方が良いでしょう。

マグネシウムを含む食材紹介

マグネシウムは、「アーモンド」、「海苔」、「油揚げ」、「あさり」、「抹茶」などに多く含まれています。なお、マグネシウムを使った調理方法として有効なのが「火をなるべく通さない」と言うことです。生で食べられるものはそのまま食べたり、水で戻したりなど工夫することが大事でしょう。例えば、サラダにたくさんの具材を入れるなどすると、手軽に摂取できます。また、カルシウムと相性がいい栄養素のため、カルシウムを含む食材も一緒に食べるとGOODです。

カルシウム&マグネシウム

おすすめのマグネシウムを配合しているサプリメント紹介

おすすめするのがサントリーの「カルシウム&マグネシウム」です。嬉しいのが、マグネシウムとカルシウムを1つの粒に入っています。そのため、両方の良い部分を体感することができるでしょう。さらに嬉しいのが値段の安さです。30日分で1000円(税)なので、とても購入しやすいです。さらに、定期購入をすると900円(税抜)で購入することも可能なので、長期間続けたいと思っている人も安心して使えるでしょう。