亜鉛がもたらす効果は?

「亜鉛」は、胎児の成長における細胞分裂にとても役立つ成分です。胎児は妊娠をした当初は小さいですが、日に日に成長していきます。つまり、盛んに細胞分裂が行われ、体を作っていくわけです。もし、細胞分裂が途中で止まってしまうと胎児の成長も止まってしまうため、流産などを引き起こす原因になるのです。さらに、亜鉛を摂取することで胎児の免疫力もアップしていきます。すると、流産の確率も減るため、妊活中、もしくは妊娠中に有効な成分なのです。元気なお子さんをつくりたいのであれば、ぜひ摂った方が良いでしょう。

亜鉛の1日推奨摂取量と上限摂取量

厚生労働省の資料では、亜鉛の1日の推奨摂取量は「9mg(妊婦の場合は11~12mg)」、上限摂取量は「30mg」となっています。亜鉛も体外に排出はされますが、一度に多く摂ってしまうことで体内に溜まる原因になります。摂取しすぎると、亜鉛の中毒症を引き起こし「頭痛」、「めまい」、「発熱」、「胃痛」など、さまざまな副作用が報告されています。特に、亜鉛の中毒症になるとひどい場合入院をしなければいけないことも。そのため、胎児にも大きな影響を与えてしまうでしょう。

亜鉛を含む食材紹介

亜鉛は、「赤みの牛肉」、「牡蠣」、「チーズ」、「卵」、「ごま」などに含まれています。調理をする際は、栄養が外に出ないような調理方法が良いでしょう。例えば、天ぷらやフライにしてみたり、具材の中に詰めたりし、素材の栄養が外に逃げないようにした調理をすることで、食材に含まれている亜鉛を残すことなく摂れます。また、亜鉛は過熱に弱いと思っている人もいるようですが、実際にはそこまで影響はないようです。そのため、「揚げる」、「焼く」、「蒸す」など幅広く使えるでしょう。天ぷらや春巻きなどにしてみても良いかもしれませんね。

海宝の力

おすすめの亜鉛を配合しているサプリメント紹介

亜鉛サプリでおすすめしたいのが「海宝の力」です。口コミサイトでの評判もよく、効果が出たというコメントも多く載っているため、ぜひ摂っていただきたいです。宍道湖の有名なしじみと瀬戸内産の牡蠣から抽出された亜鉛が使用されています。90粒入りで定価が4980円と少し高価ですが、定期コースで申し込むと2回目以降も40%OFFで購入できるサービスもあるようです。また、相性が良いクエン酸や動物性のたんぱく質も入っているため、効率良く亜鉛を摂ることができるでしょう。